おなかにいっぱいあやかしの種その十三のストーリー

ここから新章のプロローグヘ

犬vs鬼画像にタッチ

【コミなび純稿】 おなかにいっぱい、あやかしの種 13話

おなかにいっぱいあやかしの種その十三(第13話)は、相変わらずクオリティが高い佐藤沙織理さんの扉絵からスタート。

あかるの服装が超絶に細かくてヤバいが、とりあえずストーリーを先に進めていこう。

すると、もはやおなかにいっぱいあやかしの種の風物詩とも言える、ヒロインあかるの困った顔が登場。

どうやら同じ学校の男子から告られているらしいが、それに嫉妬する犬上と鬼一。

前々回までの話で、あれだけの騒動を起こしながらも、鬼一は転校してきたのだ。

あかる争奪戦開始?

【コミなび純稿】 おなかにいっぱい、あやかしの種 13話

当然だが犬上とは敵対状態だが、こんなあかるを狙う第三者が出現してしまった。

激しくぶつかり合う犬と鬼を見て怯えまくるあかる。

そこでリンは、彼等が仲良しになるまで、あかるとの接触を禁じてしまった。

ここまでだとおなかにいっぱいあやかしの種その十三以降は、三角関係的な恋物語かと思ってしまう。

その追撃として、最近は暗かったあかるが可愛く見えてきたから、やたらモテてきたという噂も流れる。

精液集めになれていくあかる

【コミなび純稿】 おなかにいっぱい、あやかしの種 13話

名脇役となっているみのりが現れ、しっかりと仲が悪い野郎2人組に情報を流してきた。

とにかく、あかるがモテている最大の理由は、夏服になったせいで、あの巨乳がエライ事になっているからであった。

また、例の生徒会長が、リンとあかるは百合だとか言いふらしているらしいから余計にである。

とは言え、彼女のあやかしからの精液集めは、まだまだ続いていた。

これには慣れてきた彼女は、速攻で仕事を済ませている様子。

新たなストーリーの幕開け

【コミなび純稿】 おなかにいっぱい、あやかしの種 13話

そんな時、またもや朝、告ってきた男子が急接近。

告白の返事をしろと、犬上と鬼一の前で言ってきたのだ。

そんな勇者に対して、あかるは、しっかりと「ごめんなさい」を震えながらも言い切った。

すっぱりと諦めた様子に見える、この男、実はただのモブキャラではないらしい。

黒幕とおぼしき者の元へ戻った彼は、結果を報告するが・・・

第13話あやかしだらけの学園ライフの感想

第13話となる「あやかしだらけの学園ライフ」を読んでみました。

とりあえず、ここは序章的な意味がある話なんだろうなというのが、最初の感想と言えます。

上手くこれまでの話と繋げながら、学園内の様子も見せてくるという、良い形の新章への開幕だと思いました。

あまりヒロインぽくない焦りまくりのあかるとか、犬上と鬼一とのある意味仲が良さそうな喧嘩とか、綺麗な学園モノを演出していたと思います。

まさに、あやかしだらけの学園ライフという名にふさわしい内容だと思いました。

と言うか、この学園、本当にあやかしでいっぱいですね。

でも、みんな、割と普通に人間と共存していて、こんな世界も楽しそうだと思い始めましたよ。

初めておなかにいっぱいあやかしの種を読み始めた頃は、何か違和感がありましたが、もう完全に慣れてしまった感じです。

【コミなび純稿】 おなかにいっぱい、あやかしの種 13話

それにしても、この第13話だけでも、あかるの怯え姿は何回出てきているのでしょうね。

鬼の一件で覚醒した時は、もう無敵になったのかと思いましたが、また最初に逆戻りしています。

まあ、怖がる姿の方が不思議と萌えるから、これは大有りですね。

あと、たまに登場するみのりさん、割と可愛いと思います。

今回はユラというお友達も一緒に出てきて、あれこれと女子ならではのネタを語ってくれました。

キャラの完成度から見て、みのりの方は、いつかえっちな事になりそうな予感がしますが、果たして?

こうして13話は、ほっこりした話で平和な展開かと思われたのですが、ラストに超気になる新キャラらしき人物が出てきました。

何とも後を引く終わり方で、早く次の話が読みたいです。

さらに本編画像を見るならここから

第13話の最新情報

【コミなび純稿】 おなかにいっぱい、あやかしの種 13話