おなかにいっぱいあやかしの種その八・マニアックなプレイ続出

8話・へんたいなあやかし連発w

これまで少々ヌルいあやかしの精液集めだったので、とにかくここからは厳しめに攻める事を宣言するリン。

しかも、犬上とあかるのタッグで、攻略レベルが低めのあやかし達にガンガン攻め入るという。

ここまで色々とエロい事になっているのに、あかるは未だに人外達が怖いようだ。

匂い&汚れフェチだと?

あやかしの種8話「わきペロペロ」

それに慣れるという意味からも、犬上を常に傍に置いておくみたいである。

あかるが大好きな犬上にとってはご褒美だろうが、あかるは良い迷惑。

二人きりの登校とか、普通なら清い男女交際に見えるのだが、彼等だと何やら変な雰囲気である。

そして、遂に他のあやかし達から精液を集める訳だが、話がしやすいタイプな連中は、みんなマニアックなプレイを要求するへんたいばかりだった。

自身の自慰を実況させる男w

あやかしの種8話「自慰実況」

こんな奴らが続出するのだから、あかるは、またもや嫌すぎる目に遭う事となる。

人の汚い部分をペロペロしたいとか、オナっている姿を実況させたり、デカイおっぱいに挟まれてみたいとか、何故か全部挟みにきたりとか、もう普通のヤリ方が全然ないのだ。

これらを全て、あかるは耐え抜く事が出来るのだろうか。

挟んで挟まれて・・・

あやかしの種8話「挟みプレイ」

第8話精液集め、あやかしめぐりの感想

この第8話は、精液集めが楽だけど、精神的にダメージ大なあやかし達をめぐりまくる展開でしたが、確かに、これなら素直に本番している方が、まだマシかもって相手ばかりでしたね。

扉絵は相変わらず、あかるのエロいけど芸術的な姿から始まってますが、次の瞬間、あかるにとって身体よりも精神面が削られる日々が始まります。

ただでさえ怖いあやかしと一緒に行動し、さらに変な性癖を持つ男達から精液を収集するのだから大変です。

とりあえず汗まみれの身体を舐めまわされるあかるは、かなりヤバかったです。

二次元キャラの汗とかって、良い匂いに思えてしまうから困りますねw

あと、男がアレをしごいている時に、目の前で女の子が、それを解説するとかマジで気持ちイイのかな?という素朴な疑問が湧きました。

多分、これは相手が恥ずかしがってくれないと燃えないかと思うのですが、どうなんでしょうね。

この話で、別に激しい本番をしなくても、それなりにエロい展開になるのだなあという事がわかりました。

やはりシチュエーション的な部分は大事ですね。

もっと詳しいサンプルはこちら

頑張るあかるをタップ

あやかしの種8話